月別アーカイブ: 2021年12月

プチ援

援交しているJC
プチ援って言葉ができる前の話だけど、私、知らないおじさんとデートしたことある・・・。
その頃、携帯は持ってて、ある時知らない番号から電話がかかってきたの。
出たら、やっぱり知らない人で、切りたかったけど、そのおじさんが話し続けるから切るに切れなくて。
そしたら、なんか会うみたいな話になってて。
だって、「なんだったら、君の家に行くから!」って脅しみたいなこと言われて怖くなったの。
今思えば、携帯番号くらいで自宅まで知られることなんてないのに、その時は年上のおじさんが言うのならそうなのかもしれないって怖くなってしまって。
「お小遣いあげるから」って言葉にもちょっと興味はあったんだ。その時、私がファンだったジャニーズのチケット、欲しいけど、お金足りなくて諦めようとしてたところだったから。
もし、おじさんが言うように、一万円くれるって言うなら、コンサートに行けるって思っちゃって。
それで、土曜日の昼くらいに都内で待ち合わせした。
プチ援なんて言葉がなかったから、こういうの、誰にも言えなくて。
自分が悪いことをしているというのもなんとなく分かってた。知らない人に言われるがままのこのこ待ち合わせ場所に行くなんて、どうかしてるって自分でも分かってたけど・・・
知らないおじさんと電話で話して約束しちゃったってこと自体、もう誰にも言えないことで、バレたらどうしよう、親に知られたらどうしようって。
それが怖かったんだよね。
プチ援っていうより、脅されたって感覚。
当時から、おじさんたちは、プチ援というか若い子相手にこういうことしようとしてたんだよ。
車内プチ
車内援交
援交募集